レインボーストーブ一覧

レインボーストーブの炎が赤一色!?ガラスに映る炎の色が悪い時は?

レインボーストーブのガラスに映る炎の色が、美しい七色から赤一色(オレンジ一色)になってしまいました。汚れを掃除したり、火力調整をしてみたりしましたが、結局は物凄く単純な原因でした。レインボーストーブの色が悪いとお悩みの方は是非ご参考にしてください。

キャンプの扇風機・サーキュレーターはマグネット付きが便利!

夏は涼を取るため、冬はサーキュレーターとして、キャンプで扇風機は活躍します。小型のポータブル扇風機にも色々種類がありますが、マグネットタイプがおすすめです。キャンプ道具は磁石がくっつくものが多く、設置場所を柔軟に変えることができるためです。

レインボーストーブの給油口は約2cmしかない!百均アイテムで対応

レインボーストーブの給油口は非常に小さく、一般的な給油ホースでは注ぐことができません。とは言え、レインボーストーブ専用に新しくホースを買うのは勿体ないですし、ホースは持ち歩くのにも邪魔です。そこで、百均で売っている漏斗が役に立ちます。

レインボーストーブのガラスが食べ物・飲み物で汚れた時の落とし方

レインボーストーブは美しい七色の炎が魅力的なストーブです。対流型ストーブのため、上に食べ物や飲み物を乗せると過熱・保温ができるのですが、うっかりガラス面を汚してしまうことがあります。そんな時は強くこすらず、激落ちくんを使って汚れを取りましょう。

冬キャンプの防寒対策に直火可能なマルカの湯たんぽがおすすめ!

湯たんぽには様々な種類がありますが、冬キャンプで使う場合は直火可能なものが便利です。屋外で湯たんぽを使う場合は室内より冷めやすく、何度か加熱する必要があるためです。直火可能であればお湯を交換する必要がなく、そのまま石油ストーブや薪ストーブに置けます。

スノーピークと中身は同じ!トヨトミのレインボーストーブで冬キャンプ

トヨトミのレインボーストーブは七色の美しい炎が見える、部屋全体を暖める対流型ストーブです。薪ストーブと比べると暖かさは弱いですが、十分に冬キャンプを楽しむことができます。スノーピークと中身は同じのため、デザインと値段を比べて決めると良いでしょう。