ペグ/ペグハンマー一覧

ユニフレームのジュラルミン製、ジュラパワーペグが軽量で優秀

ユニフレーム(UNIFLAME)から発売されているジュラパワーペグ200。軽量で強靭な金属であるジュラルミンを採用しており、鍛造ペグと比較して50g以上も軽くなっています。メインペグとしても使える長さなので、ペグの重さにお悩みの方はぜひ検討してみては。

tent-Mark(テンマクデザイン)のステンレスペグが魅力的!

数多くの人気テントを輩出しているtent-Mark Designs(テンマクデザイン)。付属のペグですらなかなか高品質なのですが、満を持してステンレスペグ30が登場しました。最もオーソドックスなサイズ、重量で、初心者でもペグダウンしやすい、使い手を選ばないペグです。

みんなキャンプのペグは何種類持ってる?使い分けは不要?

キャンプをするために必ず必要な道具、ペグ。ペグには様々な種類があり、地質に応じて向き不向きがあります。しかし、実際、本当にみんな地質に応じてペグを使い分けているのでしょうか。アンケートを行い、みんなの気になるペグ事情を分析してみました。

超軽量!サブペグに最適なスノーピークのジュラルミンペグ【ブログ】

メインペグの他に持っておくと便利なのがサブペグです。サブペグは使わない時もあるので、軽くて嵩張らないものが適しています。そこでおすすめなのが、スノーピークのジュラルミンペグです。圧倒的な軽さと、スノーピーク製の頑丈さを兼ね備えています。

グランドシートは固定する派?100均の杭で簡単ペグダウン【ブログ】

グランドシートをペグダウンすると風でめくれたりせず便利ですが、テントを張ってしまえば飛ぶこともないので、やらない人も多いです。しかし、100均のペグを使えば、手間をかけずに簡単にグランドシートを固定できるのでおすすめです。

ユニフレームのvペグ、ステンレスペグの感想【ブログ】

ユニフレームの強靭なVペグ、ステンレスペグを買ってみました。6本重ねても厚さ3cmにしかならず、登山や自転車キャンプ等であまり荷物を増やしたくない場合にもおすすめです。コンパクトさと強靭さを兼ね備えたペグですが、横幅が広いので使いこなすには工夫が要ります。

ソリッドステークとエリッゼステークを比較!最強ペグは?【ブログ】

強度の高い鍛造ペグと言えば、ソリッドステークとエリッゼステークを思い浮かべる方が多いと思います。どちらも似通ったスペックなので、どっちを買うべきか悩む人も多いでしょう。そこで、今回は強度の違いや価格、使いやすさ等を比較してみました。

パワーペグSUSは鍛造ペグよりも頑丈?評価と感想【ブログ】

ユニフレームから発売されている、パワーペグSUS。鍛造ペグがずらりと並ぶアウトドアショップに堂々と並べられ、今までの常識を覆す欠点のないペグ!として紹介されています。鍛造ペグも持っている私が、実際に購入してみたのでその評価と感想を書いていきます。

軽くて丈夫なスノーピークのマルチコンテナはペグケースに最適!【ブログ】

ペグの種類が増えて来ると、ペグを収納するケースが必要になってきます。スノーピークのマルチコンテナは丈夫な幌布で作られており、尖ったペグを入れても破れません。また、サイズもS、M、Lの3種類あるので、ペグの大きさに応じてサイズを選ぶことができます。

子供や初心者にはコールマンの打ちやすいゴム製ペグハンマーがおすすめ!

coleman(コールマン)のゴム製ペグハンマーは安定して打つことができ、また打面が柔らかいためケガをするリスクが低いことから、子供や初心者におすすめできます。意外と丈夫な上に価格も安くコスパもいいので、ペグハンマーを迷っている方は検討してみてはいかがでしょうか。